遊戯王屈指のイラストアドカード「Mischief of the Time Goddess(英シク)」の相場価格・光り方まとめ

【2019年01月】遊戯王屈指のイラストアドカード「Mischief of the Time Goddess(英シク)」の相場価格・光り方まとめ

この記事は"ある特定のカード"に焦点を絞り詳しくまとめていく記事となっています。今回は《Mischief of the Time Goddess(時の女神の悪戯)》の英語版シークレットレアについて、実際の光り方と現在相場をまとめていきます。

 

Mischief of the Time Goddess(英シク)について​

カード画像 カード効果など
速攻魔法

このカードの発動に対してカードの効果は発動できず、このカードはチェーン2以降では発動できない。
(1):自分フィールドのモンスターが「Valkyrie」モンスターのみの場合、自分バトルフェイズ終了時に発動できる。
このカードを墓地へ送り、次の自分のバトルフェイズ開始時までターンをスキップする。
その後、そのターン終了時まで自分は「Mischief of the Time Goddess」を発動できない。

MISCHIEF OF THE TIME GODDESS》は2018年8月17日発売の「Shadows in Valhalla」にシークレットで収録されたカードです。このパックの型番EN001~015はTCG先行カード(日本未発売カード)となっており、このカードもその内に含まれます。

 

参考になる開封動画

のパックはスーパーレア4枚、シークレット1枚で統一されていますが、シークレットは約20種あるため特定のカードを狙って引き当てるのは難しいようです。

 

Mischief of the Time Goddess(英シク)の相場について

このカードの現在相場は1枚1500~2000円となっているようです。

初動からは大きく値下がりし、初動に比べれば約半分の値段で入手が可能となりました。日本未発売カードなので、そもそもあまり知られていないと思いますが、その遊戯王離れしたイラストは結構知られているのではないかと思います。

 

メルカリでの取引の様子

 

ヤフオクでの取引の様子

 

以上をまとめると?

このカードを今入手するとなると1枚1500円以上は必要のようです。日本未発売のカードなので、日本で発売されることが決まった場合、より注目が集まり値上がりするか、イラストへの需要が落ち着き値下がりするかはどちらとも考えられるように思います。

収録パックである「Shadows in Valhalla」も結構特殊なパックなので、その辺りからの判断も難しいですね。個人的には欲しいのであれば今買って良さそうな気がします。

 

Mischief of the Time Goddess(英シク)の光り方について

このカードの実際の光り方はこのような感じです。

1/8をもって本ブログが1周年ということで、今回記事で紹介するために入手しましたが、思った以上に加工が綺麗で良かったです。特に画像では分かり難いですが、瞳部分もシク加工で光るのがこだわりを感じましたね。

装飾品もしっかり光ってくれるので神聖な印象も感じます。日本名では「時の女神の悪戯」ですが、その名前に劣らないものかと思います。

 

まとめ

《Mischief of the Time Goddess(時の女神の悪戯)》の英語版シークレットレアの光り方・現在相場価格についてまとめました。

今後も色々な相場価格をリマインドとしてまとめていきますので、購入の際の検討材料として活用してみてください。

Copyright© 遊戯王LOVE , 2020 All Rights Reserved.