遊戯王カードの海外版でイラストが変更された3体のモンスターカード

海外の遊戯王カードでは一部のモンスターがイラスト変更されています。なぜ、イラスト変更されるのか?

そんな理由と共に、海外版でイラストが修正された有名なモンスターカード3体をご紹介します。

 

ヂェミナイ・エルフ

日本版ヂェミナイ・エルフと海外版ヂェミナイ・エルフ

日本版のヂェミナイ・エルフ

日本版 出典:Amazon

海外版のヂェミナイ・エルフ

海外版 出典:トレコロ

海外版でイラストが変更されたカードとして最も有名な1枚としてはヂェミナイ・エルフが挙がります。

 

日本語版では露出度が高く巨乳が強調されたイラストになっていますが、海外版では露出度が抑えられバストも小さく描かれています。

 

水の踊り子

水の踊り子の日本語版は乳首や陰毛こそ描かれていないものの全裸の女性が描かれており、現在の遊戯王の感覚では日本語版でもまず許されない表現で、当然海外版では胸や腰が露出されないように修正されています。

 

プリンセス人魚

プリンセス人魚も日本語版では胸の谷間が見えるビスチェを着用しており、ヂェミナイ・エルフや水の踊り子程の露出度ではなかったものの、海外版では谷間が見えないように修正されました。

 

なぜ海外では遊戯王のカードが修正されるのか?

女性モンスターの巨乳、過度の露出といった表現は海外版の遊戯王ではまず間違いなく修正を受けます。というのも、カードゲームというのは海外では建前上子供向けのコンテンツであり、子供の教育に悪い物は海外では販売できないからです。

巨乳や露出以外にもモンスターの頭部が他のモンスターの股間を隠すように描かれる構図もアウトです。

例えば虚栄巨影はその点に配慮して日本語版では股間を隠すように頭部が描かれたモンスターの配置が海外版では左寄りになっています。

Copyright© 遊戯王LOVE , 2020 All Rights Reserved.